×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

概要

中国の歴史と感慨

中国史に関してもほぼ同然の小理屈です。日本の男尊女卑自体が、儒教の刺激ですから、思想的バックボーンは同じです。伝統的に中国では、苛政のたねの一つとして婦女を取り上げるなあが多いだけです。太古の醜女に関しては、実際にそのような人材がいたのかどうかも疑問符が付くようなレベルで、お化けや怨霊の類と同レベルの昔話です。

例えば、殷の紂国王と妲己の裏話にしても、『史記』などの史書に書かれている史実がありますが、紂国王と同時代の甲骨字資料の究めるもこのごろでは進んでおり、大きな差異があるなあが徐々に分かってきています。則天武后にしろ、西太后にしろ非常に辣腕な議員という評価もあります。

当然、醜女とラベルを張られるような行いもいろいろありますが、純粋に男と比するした折、そのような凶行の多くは男の君主も行っています。名君と呼ばれる人物の大半も、そういう視点でいえば「悪間夫」です。だいたい世界的に見ても、婦女が政の威力を握ったような折醜女呼ばわりされています。

ヨーロッパに限っても、醜女のような風評を得ている婦女はかなり数います。中国にだけ密集しているというのは勘違いということですね。

中国の歴史と電気

安倍晋三が念頭を開き、習近平に直直に、「脅威」の現実を確かめるするのが近道だと思います。殊更に、中国(台湾含む)の脅威が煽られているようですが、日中の間柄改めるの問題は、集団的「予防」権とか個別的自衛権とかの問題ではありません。

安倍晋三が、真摯な態勢で、習近平と相互の「防食鑑識圏」や「群島線」の行き違いについての認知の分有化の為に外交接触に臨めば良いのです。直直にの一切合切の外交奮励をせずに、「張り詰める」を煽って、警備伸張をするのは、単なる調和ポンプです。尖閣諸島は、世間地図を鳥瞰すると、一瞥、米国にとってのハワイのような地理間柄にある為、中国領のように心得違いしがちかも、知れませんが、何方かが、日本国外務省のホームページでの論説をクォーテーションされている往来、歴史的にも、国際法上も、日本の独特の領地というのが、正答のようです。

問題は、そうした「結論」を典拠に、「領地問題は既存しない」の一点張りで、その典拠について、粘り強く、外交接触のシーンで説き伏せるして来なかった為、本日の局面を招いているようです。

中国は技能がないし、原子力発電所を作るには広量の冷やす水が所要で、その冷やす水を確保できる河川、海がないからです。邦土が広いので原子力発電所から大都会まで電圧降下しないで電気を送る高圧送電線網がないからです。


since2010 © リラクゼーションについて